フローリングでの寝具の取り扱い

ネットで見つけました。

フローリングにふとんを敷いて寝る場合は、

毎日上げなくてはなりません。

なぜなら、カビが生えてくるからです。

御覧のように接地面から離すことがポイントです。

腰楽マットレスの3つ折りタイプ。

折れるほうが取り扱いがメチャ楽。

朝のご主人の日課になっているそうです。

私の家にお孫ちゃまが来た時のふとんの敷き方と同じだった↓

小さいお子様と寝る時はガードしなくてはなりません。

上は夫婦とお子様一人。

真ん中に挟んで寝ているのです。

サイズも重要。

シングルサイズを2つならべると

1m∔1m=2mの幅があるので3人でもOkですね。

上はS∔SDで2.2mの幅です。

パットは2m幅。ファミリーサイズです。

2m×2m。こんなパットは他ではめったにないですよ。

ベッド2台では高さがあって危ないからそうされたそうですが、正解。

お子様と添い寝をしだしたらベッドをはずされる方が多いです。

スプリングベッドは処分に結構なお金がかかりますので、

スノコベッドのほうがいいです。

ダブル×1よりはシングル×2のほうがいい。

以上のことに注意されたら快適な寝環境が整いますね。

では又・・・。

関連記事

  1. 若い方の腰痛

  2. 温泉ふとん

  3. 身体が痛くて眠れない

  4. FITLABOの画像

    オーダーマットレス

  5. 納得の試し寝

  6. ムートン勉強会

PAGE TOP
予約フォーム QRコード
画像:コロナ対策について