ダニ対策

ためしてガッテン のダニ特集で

ふとんの中にダニが多いことがわかりました。

 

寝室の汚れから

寝ている間に汚いダニの死骸も吸い込んでいることは

画像を見て驚きの一言でした。

da2

空気清浄機の必要性を感じました。

寝て セキが出る人は要注意です。

da3

特に敷ふとんを

綿素材からウレタン素材に代えるなどの措置が

有効な対処になると感じました。

 

人の表皮を食べるヒョウヒダニ

o0467030813376960993

このダニは刺さないそうです。

 

このヒョウヒダニをえさにしている

ツメダニ

o0300024013376960992

このダニは刺すそうです。

 

o0213015113376942503

掛ふとん・敷ふとん・枕

の中でのダニの数は

枕が圧倒的に多いのです。

人のフケを目指しているのでしょうね。

敷ふとんは適度な湿気があるから住みよいのでしょう。

掛ふとんは最近は羽毛ふとんが多いので

生地の中まで入り込めないでいるから少ないのでしょうね。

 

いずれにせよ、

寝具は常に清潔にしたいものです。

50度の熱でダニは死滅します。

 

私が考えた家庭でできるダニ撲滅作戦

(その1:炎天下利用)

枕は黒いごみ袋に入れきっちり縛り、

掛・敷ふとんは広げて

炎天下の車の中で数時間放置する。

その後、布団掃除機で掃除する。

 

(その2:アイロン利用)

枕や敷ふとんにスチームアイロンを掛けて

その後ふとん掃除機で吸う。

(製品の素材によりアイロン不可な品もあります)

 

(その3:ふとん乾燥機利用)

弊社のサービス でしているような大きな袋があればいいのですが、

家庭ではそうもいきません。

乾燥するふとんの上に覆いとなる生地等を掛けて

スイッチを入れて乾燥してください。

50度を2~30分で効果が期待できます。

その後 ふとん掃除機で吸ってください。

 

天日干しはあまり期待できないようです。

PM2.5や花粉もあることですし、

今の季節 炎天下の車をうまく利用しましょう。

 

快眠請負人にお任せ下さい。

では又・・・。

関連記事

  1. 日経プラス10

  2. 厳寒対策

  3. 枕調整

  4. いびき

  5. 思い入れのあるおふとん

  6. 枕洗う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
予約フォーム QRコード